business V-CON

令和よりスタートした
新プロジェクト V-CON。

新たな取り組みには数多くの壁がありました。ですが、チームはどんな壁でも色々な角度から課題に向き合い、話し合い、解決しここまでくることができました。スタッフの頑張りや、社内での支え合いがありプロジェクトに取り組むことができています。このページでは山﨑新プロジェクトについてご紹介します。

V-CON(Volvo Construction)とは

V-CONとはボルボ建機の製品を活用した情報化施工の取組の略称です。今回の取り組みでは、建設機械の油圧ショベル用に他社のICT測量器メーカーには無い、現地にて設定が可能なガイダンスシステム、Dig Assist(マシンガイダンス)・Active Control(マシンコントロール)を導入しました。

Dig Assist・Active Controlの導入

この2種のシステムを使用すれば、オペレータはより短時間で、無駄なく、作業を終えることが可能なだけではなく、資材の移動や、作業のやり直しを削減する一方で、生産性を向上させることができます。

digAssist activeControl
Dig Assistとは
Dig Assistとは、整地、溝掘り、勾配付け作業から現場縦断図の作成といった作業をタブレット設計にすることで、より簡単なものにするために開発されたボルボ建設独自のオペレーター支援システムのことです。

特徴

キャブ内のタブレットで設計データを入力可能。座標管理が必要ないため簡単に作業を進めることができます。

2D ー 簡易マシンガイダンス機能 ー

整地や勾配の縦断線形表示に用いられる2Dは、Dig Assistの中で、最もベーシックな仕様で導入しやすい価格帯からITC施工をはじめることができるシステムです。水平距離、鉛直距離、直線距離、角度を測ることができるだけではなく、オペレータの技量を問わずに施工の精度を高め、完工を早めることはもちろん、掘削の過不足を減らすことができます。また、キャブの外に出てレベル等の計測、目視確認を行う必要がなくなるため、安全性も向上します。

施工例

配管

排水路

3D ー マシンガイダンス機能 ー

3Dはキャブ内で簡易的に作成した3Dプロジェクトのマシンガイダンスが可能です。主要3Dソリューションサプライヤの業界標準現場準備アプリケーションにアクセスできるため、外部情報源(土木設計計画など)から設計縦断線形をプロジェクトごとにインポートすることができます。大規模インフラプロジェクトにはこの機能が最適です。

インフィールドデザイン

インフィールドデザインとは、溝堀りから道路施工の準備作業、基礎工事、複雑な土木工事に至るまで、はるかに幅広い作業の可能性を開ける機能です。ほかにも、オペレータがキャブ内に居ながらにして形状を作成し、現場レベルでの3D施工も可能にします。

方法1新規作成

01

縦断線形の作成

02

縦断線形パスの作成

03

縦断線形のアライメント

04

作業開始

VIEW SELECTOR

VIEW SELECTORとは、使用すると前後左右だけではなくどの角度からも作業を確認することができる機能です。様々な角度から確認することで、より正確な掘削作業を可能にするとともに、効率を高めます。

操作画面例

Top(トップ)

Side(サイド)

Front(フロント)

3D

オンボードウエアリング ー OBW —

オンボードウエアリングとは、使用するとバケットの積み込み量をリアルタイムで把握することができる機能です。また、ゾーン内での全ての積み込み回数をカウントし、シフトごと、作業日ごとなどと分けて記録することもできるだけではなく、条件を設定すれば移動済みの合計重量も記録することができます。

01

傾斜アイコン

システムが重量を計算できないときは、建機の傾斜アイコンが橙色になりその旨を表示する。

02

バケット内重量(バケット計量)

パケット内の重量を計算します。

03

トラック内総重量

過剰積み込みを防ぐため目標値を追加できる。

04

積込回数

積み込み回数を表示する。

05

掘削した総重量

一定量のバイル(山)に達するまでの重量を順次記録するのに使用可能。

06

特定方向のみの重量

各カウンタに対して選択と異なる角度から資材が積み込まれた際、重量の計算から除外したい場合に役立つ。

Active Controlとは
Active Control(マシンコントロール)とは、現場での掘削整地をより簡単に作業するために開発された、ボルボ独自の設計ソフトウェアです。自動化されたブームとバケットの動きにより、少ない労力で掘削⼯程の効率、正確さを⾼めるとともに、より少ない労⼒で作業を⾏うことを可能にします。

特徴

タブレット設計後、フロント操作は左手のみで速度を制御!もちろん速度だけではなく、高さ、深さも片手で制御可能です!!その他、キャブ内には油圧ラインがなく、ノイズ、振動、耳障りな音などが軽減されます。

AUTOMATED GRADING ー 半自動整地作業 ー

AUTOMATED GRADINGとは、アーム操作のみでフロントを制御可能にする機能です。操作をすべて左手のみで行うため、オペレータの快適性を高め、疲労を軽減します。また、ターゲット表面までの動きを制限することで安全性を高め、DigAssistでターゲットサーフェスを一致させることで、材料のコストを削減し、アンダーカットやサーフェスのミスマッチを防ぎます。

バケットカール

01

マニュアルアングル

手動角度

02

アクティブアングル

目標位置に対して定義済みのバケットアングルを自動的に維持します。

スピードモード

03

ファイン

仕上げ作業向けの低速制御

04

標準

粗掘削作業向けの通常速度操作

ティルトバケット制御

05

マニュアルチルト

手動チルト

06

アクティブチルト

目標位置への自動角度調整用

セットアップメニュー

ACを使用可能にする

設定を行う

バケット角度を設定

BOUNDARY CONTROL ー 作業範囲制御機能 ー

BOUNDARY CONTROLとは、設定された範囲を必ず守る、とても優秀な機能です。決められた範囲内での作業はオペレータの安全性を確実に向上します。操作方法はとても簡単で、設計⾯セット後、作業が終わるまで1つのレバーで全ての操作を⾏います。

Swing Fence - 旋回制限 -
Swing Control - 旋回制御 -

  • 定義された旋回制限による安全確保
  • 設定範囲への旋回禁止
  • 障害物や立ち入り禁止区域へのスイング禁止
  • オペレーターからストレスを解放する

Height Limit - 高さ制限 -

  • 機械の最大作業高さをセット可能
  • 移動速度を最小限に抑えました
  • 視覚および音響アラーム
  • 屋内または送電線下での安全な作業

Depth Limit - 深さ制限 -

  • 最大作業深さをセット可能
  • 移動速度を最小限に抑える
  • 視覚および音響アラーム
  • 安全に埋設物からの距離を保つことが可能(電話回線、水道管、下水管など)

01

オートグレーディング

ブームとバケットの動きは自動的に調整される。

02

スイング制御

トレンチとパイルの位置を事前にプログラムし、掘削とトラックの積み込みを支援できる。

03

バケット角度制御繰り返し掘削

自動バケット調整により、一定の掘削角度が維持される。

04

チルトバケット制御

自動化されたチルトバケット制御により、V字側溝の掘削が容易になる。

05

深さ制限

地下の危険物との接触を避けるため、バケットの先端が事前に設定された深さを下回らない様に自動停止。

06

高さ制限

頭上の障害物を回避するため、ブームとバケツが事前に設定された高さを超えない様に自動停止。

07

スイングフェンス

側面の障害物との接触を避けるため、事前に設定された制限を超えるスイングを防ぐ。